「WP Cloud」は新規受付を終了しております

WordPress向けレンタルサーバーをご検討の方は、Z.com WPをぜひご利用ください

アフィリエイトブログにGMO WP Cloudがおすすめな10の理由

いつもGMO WP Cloudをご利用いただき、ありがとうございます。当ブログでは、WordPress(ワードプレス)運営者や設置者が多く取り組まれている「WordPress(ワードプレス)カスタマイズ」に関しても、ささやかながら主要なTIPSをご提供させていただき、WordPress(ワードプレス)業界を少しでも盛り上げていければと思っております。

なお私達「GMO WP Cloud」は、WordPress(ワードプレス)に最適なサーバを月900円ご提供しています。制作会社様の納品に。WEB担当者様のお供に。ぜひ、ご検討くださいませ。

  ▼目次

WordPress(ワードプレス)がアフィリエイトに良いとよく聞きますが…

アフィリエイト目的でホームページやブログを開設するのであれば、やはりWordPress(ワードプレス)は強力です。SEO対策がしやすい構造に多々のプラグインが揃い、また昨今ではますます「コンテンツを重視する」という方針が強まっているGoogleの最新アルゴリズムにも、余計な設計や構造を気にせずにコンテンツ追加・増量に集中できるWordPress(ワードプレス)は、ますます注目されてます。

ところが、WordPress(ワードプレス)は静的なものではなく、動的かつダイナミックなシステムですので、「表示が遅くなる」「サーバのレスポンスが重くなる」ということが往々にしてあります。世界中でつかわれているWordPress(ワードプレス)はセキュリティ的にも狙われやすく、アップデートされていないWordPress(ワードプレス)は外部からの攻撃がしやすい状態で放置されているものもあります。(これはWordPress(ワードプレス)だからセキュリティ的な問題があるのではなく、大規模・有名なシステムは総じて攻撃の対象になります。例えば、Windowsも、バージョンアップを放置すると攻撃の対象になりやすいです。)

r0

↑上記のような状態になり、慢性的に重い状態に対して原因も不明、解決法も不明という事態に陥ります。これは、WordPress(ワードプレス)のような大規模システムを扱ううえでのデメリットとなります。

r0b

収益化を目指していくうえでは、当然増大していくトラフィックや肥大化するコンテンツ、カスタマイズを加えていくテンプレートテーマ…GMO WP Cloudでは、WordPress(ワードプレス)に最適化されたサーバ環境を提供することで、この「WordPress(ワードプレス)の面倒くさい所」をすべて引き受けてくれるのです。そのうえでWordPress(ワードプレス)のメリットだけを享受できるため、ぜひとも皆様にご周知いただきたいのですが、本日はきっと上級者の方も唸っていただけるのではないかと胸を張って、10点のオススメポイントをご紹介させていただきます。

この記事を読んだ後に出来ること

本記事をご覧になったあと、アフィリエイトブログにWordPress(ワードプレス)×GMO wp cloudのサーバをご利用いただくメリットをご理解頂き、制作の選択肢を広げることが出来ます。

理由01:申し込み完了とともにWordPress(ワードプレス)インストール

r1

「GMO WP Cloud」ではWordPress(ワードプレス)の設置・インストールが、申し込み完了とともに同時に完了。ワンクリックすることなく、一瞬で終わります。かつては、公式サイトからダウンロードしたファイル群を展開して漏らさずアップロードをし、データベースとの接続等を設定しなければいけませんでしたが、「GMO WP Cloud」では全くそのような手間がありません。

これはWordPress(ワードプレス)を設置する前の段階でハードルの高さを感じているひとにとっては魅力的なのではないでしょうか。または、上級者や制作会社になると確かに「WordPress(ワードプレス)くらい自分で設置できます」ということもあろう反面、反復作業をいかに短縮化するかという点も業務的には課題となるところですから、このようにオートメーション化されることはメリットが大きいはず。

理由02:最新スペックサーバで快適動作を実現

r2

「GMO WP Cloud」は、超高速フラッシュストレージFusion-io ioDriveを使用した快適なWordPress(ワードプレス)専用環境。サーバを動かすうえでのディスクドライブというのは常に進化してきておりますが、最新式で「早い」と名高いSSDの、さらに5~7倍ものパフォーマンスを発揮する強みがあります。

世界的にもこのような日進月歩のテクノロジーにおいては、注目される製品は在庫も不足しがち。最新スペックのハードウェアを大量に購入し、無尽蔵にあらゆる用途でホスティングできるよう大量に保管・管理できるのも、GMOグループならではなのではないでしょうか。

理由03:突然のアクセス上昇にも対応

r3

WordPress(ワードプレス)が動作するサーバというのは、実は「データベース(正確にはMySQLの一定バージョン以上。常にWordPress(ワードプレス)は最新のバージョンを求める傾向もあります)」が設置可能で、PHPもある程度の最新バージョンが求められますが、これらデータベースに依存したWordPress(ワードプレス)特有の仕組みというのは、共有サーバでは負荷の高い動作であります。

確かに実勢価格で500円程度からWordPress(ワードプレス)が動作するサーバもありますが、そのような環境では気軽にテストや開発はできるかもしれませんが、真に収益化を目指そうという体制においてはやはり常に動作速度の問題、サーバダウンの問題があります。上記の図では、これから成長!というアフィリエイトブログの進歩の兆しがみえても、実はすでにサーバの限界がそこまできていた…というよくある事例です。

r3b

それが「GMO WP Cloud」では、最近流行りの「クラウドサーバー」という仕組みを使い、無限に拡張される仕組みをもつことで、全てのトラフィックにサーバがなるべく高いパフォーマンスで応じることができる体制をつくりました。

理由04:自動アップデートとセキュリティ対策おまかせ

r4

WordPress(ワードプレス)は頻繁にアップデートします。セキュリティ的な問題、外部からの脅威による穴埋めはもちろん、常に世界中もエンジニアたちが名誉を競って開発をしているシステムですから、常にクールに進化し続けています。

Windowsもそうですが、このような大規模かつ有名なシステムは、攻撃の対象になりやすいため、常にアップデートが求められます。しかしWordPress(ワードプレス)の場合は、自分がWordPress(ワードプレス)にログインをしないとセキュリティアップデートができません。

アフィリエイトブログ運営の醍醐味といえば、収益性が確立されたサイトを放置して勝手に延々と広告費、アフィリエイトフィー等を稼いでくれることも期待したいことのひとつ。また、そのように収益性が確保されたアフィリエイトブログがひとつできれば、そのノウハウをもってブログを量産することもまた、アフィリエイターがよく取る行動のひとつでもあります。

つまり、いちいちセキュリティアップデートの確認のために、毎日WordPress(ワードプレス)にログインするわけにはいかないのですよね。それが理想だとしても、世界中大部分のWordPress(ワードプレス)が旧バージョンのまま放置されている現状もあります。

「GMO WP Cloud」では、そのような具体的なニーズを解消すべく、自動アップデート機能を搭載しました。これにより、これまで半自動だったWordPress(ワードプレス)運営は、「全自動」になったといっても過言ではないのではないでしょうか。

理由05:シンプル、使いやすい管理画面、ダッシュボード

r5

よくあるクラウドサーバーの管理画面というのは、専門用語が飛び交い、サーバサイドエンジニアという専門職のユーザが使うことを想定された場合が多いようです。高度なシステムを動かすために、自分で黒い画面(コマンドプロンプト)を叩き、有料の管理画面(plesk等)をインストールする必要がある場合も少なくありません。

「GMO WP Cloud」では、初心者でも扱いやすいユーザーインターフェースの開発に時間を割きました。ひとつの想いとしては、WordPress(ワードプレス)のような柔軟かつダイナミックな便利なシステムを誰でも使えるようにしたかった点と、それを動かすクラウドサーバーというここ数年急速に発達し始めたサーバ技術においても”初心者に開放されているとは言いがたい”という現状があったため。シンプルで使いやすいということは、上級者の方にとってもメリットはあります。また、大規模なアフィリエイターチームや組織・法人になってくると、「誰でも出来る部分は外注に任せてしまおう」「事務スタッフに空きがあり遊休が発生しているし、アフィリエイトの仕事をさせよう」という判断になることも多いです。

その場合、これまでですと「誰でも出来る部分は外注に任せてしまおう」という部分で具体的に任せられる仕事が、記事の追加程度しか出来なかったのですが、「GMO WP Cloud」では、既存サイトのトラフィック確認から保守的な観測、次のサイトの企画・開設から運用まで、ひと通り単純作業要因に落とし込めるポテンシャルを持っています。

単に管理画面がシンプルということは、クールなだけではなく、ビジネス的にも将来そのような拡張性をもっていると思うのです。

理由06:初心者から上級者まで対応

r6

「GMO WP Cloud」は、初心者にはとことん易しく、ただし上級者にとって制限があるものは全くないように設計されています。これは、そもそもWordPress(ワードプレス)がかなり奥深いシステムであり、学習すればするほど「ハマる」性質があることにも、基づいています。

初心者にとっては「いろいろ面倒くさいことを代わりにやってくれる便利なサーバ」として。上級者にとっては「WordPress(ワードプレス)というPHPプログラムの集合体を効率的に管理・更新できる機能もそなわったクラウドサーバー」として。決してあなたの学習度合いが成熟するうえで卒業する必要のない、柔軟な設計となっています。

理由07:ステージング環境かんたんにつくれます

r7

上級者にも「GMO WP Cloud」がおすすめできる理由はいくつかありますが、この「ステージング環境かんたんに作れる」という点は、そのうちのひとつではないでしょうか。WordPress(ワードプレス)でステージング環境が整う、という状態は、正直レンタルサーバーでは見たことがなく、史上初なのではないでしょうか。自分で開発するにしても、気軽に構築できるものではないので、大規模なクライアントワークスで顧客の要望があってはじめて構築するものの、アフィリエイトブログでステージング環境が用意されていることはなんと贅沢なことでしょう。

しかし、考えてみるとやはりステージング環境というのは欲しいものです。アフィリエイトブログのように収益化を目指す場合、また収益性を改善する場合、デザインひとつが及ぼす収益性の違いは相当なものがあります。デザインをごろっと変える場合には多少の開発や、複数ファイルにまたがったファイルの更新もありますから、「既存のテーマではそのまま本番環境で運用をして」「新規のテーマはステージング環境でじっくり開発&レビュー。」といったことが、デフォルトで備わった機能で柔軟にできるのは、将来の拡張のタイミングできっととても大きな恩恵につながるのではないでしょうか。

理由08:オリジナルキャッシュシステムでさらに快適

r8

WordPress(ワードプレス)はテーマの改造等を通じて、肥大化するとともに重くなるシステムではありますが、兼ねてから「キャッシュシステムによる軽量化」は知られてきました。単純なWebサイトにおいては間違いなくONにしておくことで、大きな恩恵が得られると思います。

実はサードパーティ製の無料プラグインでも、キャッシュシステムによる軽量化はできます。しかしながら、他のプラグインと相性が悪かったり、セキュリティ上の懸念点があったりと、実は上級者向けなプラグインとして、なかなか取っ付きにくい一面もあるものでした。

今回「GMO WP Cloud」で用意しておりますキャッシュシステムは独自開発により、このような懸念点もある程度解消し、安心してお使い頂けるようにしています。

理由09:バックアップもしてくれます。

r9

「GMO WP Cloud」には、大切なデータのバックアップ機能も無料でついてきます。これは初心者には特に安心ですね。実はWordPress(ワードプレス)の無料プラグインでは、バックアップをしてくれる機能をもったプラグインも存在するのですが、やはりこちらも上級者向けという印象が拭えません。よくあるものとしては、データベースのテーブルを指定してバックアップをし、それがFTP上またはメールで、「SQLファイル」としてバックアップされるのです。

これでは万が一サーバがクラッシュしてしまった時に、どうやって復旧すればいいのか解りません。サーバがクラッシュしてホームページを復旧しよう!というときには、実はその時々の症状によってあらゆる知恵・知識・判断が求められる「実装経験の総合格闘技」のようなものなのですが、その時にきちんとバックアップをとっていない、またはバックアップファイルはあるけど使い方が解らないと、アフィリエイトブログとしての商機も逃してしまうことに。(往々にして、トラフィックが爆発的に伸びた「商機」にそういうトラブルに見舞わます…)

「GMO WP Cloud」では、兼ねてからご説明している通り、「理由03:突然のアクセス上昇にも対応」にも記載の通り、まずサーバーが落ちないのですが、それでも、きちんとボタンひとつで復元(リストア)できるように作られています。

このような形式でのバックアップは1日1回行われており、例えば「テーマ改造のときに、誤ってphpの記述を間違ってしまった…。ブログの画面が真っ白になったけど、直し方がわからない!」という表示系エラーの際にも、過去のバックアップからボタンを押すだけで直ります。WordPress(ワードプレス)においては、初心者から中級者にステップアップする段階で「テーマファイルのPHP記述を間違えてエラーが出る」という経験は誰にでもあると思いますので、あらかじめサーバにこのような機能があることは、安心材料のひとつですね。

理由10:phpmyadminもついてくる

r10

phpmyadminとは、データベース内容を見やすいインターフェイスで閲覧・編集できる有名なソフトのことです。WordPress(ワードプレス)はデータベースに投稿内容や設定を記録して、データベースを参照して表示内容をコントロールしていますので、標準でデータベース閲覧ソフトがついてくることは必須ともいえます。

プロ向けの柔軟なクラウドサーバーですと、自分で環境をセッティングするわけですが、「サーバにOSをインストールするときに選択しておかないと、一生入れることができない」といった管理画面の制約があることも。外注エンジニアにセッティングしてもらって納品完了したけど、phpmyadminは入れてもらって無かった、というケースもあります。

デフォルトでphpmyadminがあれば、上級者であれば直接データベースをいじって設定変更・過去の記事の一括変更や、または独自にデータベースに挿入した内容とカスタムフィールドを連携させたコンテンツ表示など、かなり自由にコンテンツ強化ができますので、「phpmyadminがあるサーバじゃなければ契約しない」という視点をもったユーザーもいるのではないでしょうか。

また初心者の方においては、「なるほど、将来使う可能性があるんだな」と、メリットとして把握してもらえれば幸いです。

まとめ:

いかがでしたでしょうか。WordPress(ワードプレス)運用にぴったりな「GMO WP Cloud」の10の理由を掲載いたしました。その簡易なインターフェイスにより初心者から上級者まで対応できるということは、将来ビジネス規模が大きくなったり、アフィリエイトブログの運用人数が増えたときに、必ず効果を発揮します。また最新機材やクラウド技術を用いたサーバ耐久性には、あなたのビジネスの拡大を事実上どこまでもサポートする機能として、将来に渡ってご利用いただけるのではないでしょうか。

ぜひ「GMO WP Cloud」をご検討ください。

AUTHER:GMO WP Cloudの中の人

以上、いかがでしたでしょうか。上級者の方にはもしかしたら物足りない内容だったかも知れません。こちらの連載を続けられるよう、是非リクエストを頂けますと幸いです。尚、重ね重ねではありますが、私達「GMO WP Cloud」は、WordPress(ワードプレス)に最適なサーバを月900円でご提供しています。ぜひ一度ご覧下さい。

WordPress 専用高速サーバー GMO WP Cloud

関連した記事